藤屋の天ぷらうどん

b0011185_22241173.jpg
b0011185_22243781.jpg「つる舞う形の群馬県」
その右の翼の突端に位置する上野村で有名なお店がここ。
南牧村に抜ける県道45号沿い、国民宿舎やまびこ荘の前にあり、
気さくな老夫婦が一所懸命に切り盛りしています。
席に着くとまずお茶と一緒に「んなに食えねぇって」ってくらいの漬物が出てきます。
判り易く言うと吉野家のお新香×3くらい。
漬物でこれですから、メインディッシュは言わずもがなです。
玉ねぎのかき揚げと山菜の天ぷらに隠されて、なかなかその姿を現してくれませんが、
その下には直径1cmの極太モチモチ麺が密かにとぐろを巻いています。

b0011185_22255622.jpg勇気を持って天ぷらをめくり、格闘開始といきたいとこですが、あまりの太さに「ズババッ」とはいけません。
一本一本、手繰り寄せるように口に運んでください。
運んでも運んでも減ることのない底無しの丼のようですが、何とも味わい深いそのダシに飽きることなく、無事完食なのでした。
あ、薄々お気付きかとは思いますが、決してうずらではありませんので・・・。

峠のうどん屋 藤屋
(1日40食程度で麺が終了してしまいますのでお早めに)
[PR]
by sanzokuame | 2005-05-23 22:25 | 食してナンボ


<< 今年も届きました! スカッと爽やか! >>