大清水の水芭蕉

b0011185_22231684.jpg
b0011185_22275689.jpgb0011185_22281220.jpgGW前半戦最後の日曜日。

起きたのは遅かったのですが、ゴロゴロしてるのが嫌いな我が家。一足早い水芭蕉を見に、関越道を一路北に向かいました。

尾瀬入山口の一つ、大清水口には「ミニ尾瀬」とも言える小さな湿原があります。
b0011185_22532653.jpgb0011185_22304857.jpg今年は大雪の影響で例年より開花が遅れ気味で、まだ蕾が多かったのですが、それなりの雰囲気は楽しめます。
お土産ももちろん「水芭蕉」です。^^

6月になったら鳩待峠から「本物」を見に行きますので、その時また。

水芭蕉の後は「しゃくなげ」を見に。
b0011185_2228432.jpgb0011185_222964.jpg午後から曇り空になり、気温も下がってきたので、2月に沼田市になった元利根村の南郷温泉しゃくなげの湯へ。

初めての訪問でしたが、しっかり温泉の匂いはしてたし、舐めたらしょっぱく、身体もしっかり温まるいいお湯です。 施設全体に地元産の桧、杉がふんだんに使われており、下世話な雰囲気もなく、日帰り温泉としてはかなりレベルの高いとこでした。

時計を見ると既に5時を回っていたので夕飯もここで済ませることに。
看板メニューの十割蕎麦にも惹かれましたが、空腹感がソースカツ丼をご指名しました。^^
敷きキャベツ、ウスターソースダレ、きざみ海苔と、上州正統派ではありませんでしたが、ま、旨かったです。
[PR]
by sanzokuame | 2005-05-01 22:31 | 彼方此方にて


<< 尾瀬ドーフのざる豆腐 旗は降ろさない >>