田島屋の「くわの葉最中」と「どどめ最中」

b0011185_23195398.jpg
くず湯「まゆこもり」で有名な富岡の田島屋さん。
最近、桑の葉や「どどめ」を素材にしたモナカが発売になったと聞いたので。(我ながらよく行くなと・・・^^;)
綺麗に意匠を凝らした箱を開けると、繭のように「どどめ」と「くわの葉」が並んでいました。
片や小豆あんにどどめの実を、片や抹茶あんにくわの葉を練り込んだといった感じです。
(レシピが判りませんので適当なこと言ってます。)

b0011185_23202752.jpgb0011185_2321533.jpgb0011185_23205170.jpg
ところで群馬県外の方、「どどめ」って判りますか?
全国的には「どどめ色」という言葉のほうがよりメジャーかと思いますが、ずばり桑の実のことです。
葡萄よりも濃い、熟したその実の暗紫色のことを「どどめ色」と呼びます。
うっ血やプールに入り過ぎた時の唇の形容に使われますね。
いずれにせよ、あまりいい色ではありませんが・・・。^^

ちなみに「どどめ」とは、土手などが崩れないように「土留め」として桑の木を植えたことに由来しているそうです。
[PR]
by sanzokuame | 2005-04-16 22:46 | ベツバラ


<< 松伊堂のぶどう焼 北限のシロバナタンポポ >>