甘楽町秋畑那須~藤岡市日野

b0011185_2022244.jpg
b0011185_20221872.jpgb0011185_20222658.jpgb0011185_20223594.jpg
b0011185_20224541.jpgb0011185_20225547.jpgb0011185_2023122.jpg
秋畑那須
主要地方道46号富岡神流線(旧富岡万場線)/小峠より東御荷鉾山/鮎川氷結
名無村上平の氷瀑/蝋梅

(名無村の記事が続きますが^^;)
甘楽町から小峠を越えて名無村を回るルートを取材してきました。

甘楽町の最南端、秋畑那須地区は農耕の神様、霊峰稲含山山麓に位置する集落です。
その殆どが傾斜地で、平坦な土地を持たないという悪条件の中でちぃじがきと呼ばれる石垣と段々畑が小さな農業を守ってきました。
那須大橋を渡り、富岡神流線を小峠に向かい何度と無く九十九折を繰り返して標高を稼いだ所から見下ろせば、まるで箱庭のように一望できます。
私の県内での大好きな景色のうちの一つで、過去に何度となく訪れています。

アイスバーンに肝を冷やしながら小峠を登り切り、藤岡側最初の集落が名無村。
煙突から薪の煙を上げて夕餉の支度をしている家があったり、その長閑さは以前訪れた時と何ら変わりありませんでした。
名が無いばかりか、市街に下りなければ何も無い山での生活。さぞ大変なんでしょうが、憧れの気持ちを持っていたりします。
[PR]
by sanzokuame | 2005-02-06 20:23 | 彼方此方にて


<< 全面広告 ららん♪な観覧車 >>