中之条ビエンナーレ2011

b0011185_2330125.jpg
二年に一度の大規模アートイベント、中之条ビエンナーレ
四万・沢渡など多くの温泉郷を有する中之条町は、多くのアーティストにより町全体が美術館へと変貌しています。
2007年に「点」で始まったこのビエンナーレも今回で3回目。
「点」から「線」へ、そして「線」から「面」へと。
回を重ねる度に"なかんじょ"に根付き、メッセージ発信力を強くしているようです。
山あいの商店街、温泉街、木造校舎、そして里山との融合。
時に難解と評される現代芸術ですが、心に感じる「何か」はきっとあります。
[PR]
by sanzokuame | 2011-09-28 23:45 | 彼方此方にて


<< 群馬DCファイナルイベント 快... 中之条ビエンナーレで初代ぐんま... >>