信州キャンプツアー2011夏 信州松本・波田の下原スイカ

b0011185_225224.jpg
大糸線の撮影を終えたら“我が家”に戻り、こっふぇる梅太郎のパンでささっと朝食。
名残惜しくもテントをたたみ、チェックアウトを済ませたら、安曇野山麓線をひたすら南下します。
それは、この信州キャンプツアー最大にして最も重いお土産を購入するため。
向かった先は、日本有数の美味しいスイカの名産地、松本市波田。
JA松本の旧スイカ共撰所は、スイカの旬の時期になるとすいか村として賑わいをみせます。
農家自慢のスイカをいくつも試食したら、贈答用には目もくれず、お目当ての廉価品を探します。
廉価品と言っても、皮の表面に多少のキズがあったり、“日焼け”にムラがあるだけ。
その甘さ、その美味しさは見た目の綺麗な贈答用と何ら遜色ありません。
一軒のご主人から「これは実が詰まってて上玉だよ」と勧められたのは、5Lの特大サイズ。
「デカっ!」そして「重っ!」と驚くほどの大玉で、ひと玉2300円。
それでも3日でなくなりそうな我が家ですので、ふた玉購入。
帰宅後、冷蔵庫に入れるために一刀両断してみると・・・さすが見事な実の詰まり具合。
程よく冷やしていただいてみれば、もちろん「甘っ!」と驚くほどの美味しさ。
この日から一週間、夕食の後は夢のようなスイカナイト♪
おかげでおなかもスイカっ腹。
元々だろうは言いっこなしです。



b0011185_2251828.jpg
b0011185_2252795.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2011-09-07 22:10 | ベツバラ


<< 信州キャンプツアー2011夏 ... 信州キャンプツアー2011夏 ... >>