信州キャンプツアー2011夏 暁のムーンライト信州

b0011185_2049227.jpg
なぜ故、木崎湖キャンプ場を今回の宿に選んだか?
湖畔の涼しさ、後立山連峰の眺望、テントサイトは予約不要という手軽さ。
ま、どれもその理由のひとつですが・・・
その最たるは、目の前を大糸線が走るから。^^
テントの中にいても、カタタンカタタンと心地良いリズムが聴こえてきます。
三日目の朝は早々にテントを抜け出し、最寄の稲尾駅へ。
無人のホームから木崎湖を眺めていると、時刻表にはない時間に踏切の警告音。
やってきたのは、新宿から白馬までの夜行運転を終えたばかりの「快速ムーンライト信州」の回送でした。
それは長野新幹線開業以前、EF63に牽かれ碓氷峠を越えた189系の旧あさま色編成。
まるで97年にタイムスリップしたかのような懐かしい光景に感慨無量・・・
この一枚さえ撮れれば、お父ちゃん的には今回のキャンプは大成功!
・・・だったなんて、決して家族には言えません。^^;
ついでに二色のブルーラインが清々しいE127系普通列車もパチリパチリ。
極上のレイクビューとトレインビューに恵まれた木崎湖キャンプ場。
来年も行っちゃおっかなぁ。



b0011185_20494878.jpg
b0011185_20504376.jpg
b0011185_20505716.jpg
b0011185_2143452.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2011-09-07 21:04 | プルーンとレバーの為せる業


<< 信州キャンプツアー2011夏 ... 信州キャンプツアー2011夏 ... >>