金井亭のかつ丼

b0011185_196129.jpg
夏の揚げ物フェアー?

草津温泉への入り口、大津の交差点から草津方面に向かってすぐ左手。
店内に一歩足を踏み入れれば、昭和レトロな焼肉屋の雰囲気が漂っています。
もちろん、こちらのメインは焼肉にホルモンなのですが、知る人ぞ知る名物メニューがこちら。
厚さ2cmを優に越えるロースカツが大振りにカットされ、丼を覆い尽くすようにゴロゴロと。
噂によれば、その総重量は250gオーバーだとか・・・
積み上げられたカツの多層構造、白いご飯など奥底でチラッと覗ける程度です。
味噌汁、漬物と一緒についてきたのは、一枚のカラの皿。
これをカツの一時待避所として使わないと、なかなかご飯に辿り着くことができないためです。
ちょっと甘めのタレで煮付けられとカツはその厚みでありながら、驚くほどの柔らかさ。
一枚一枚が「重っ!」なカツですが、意外とあっさりいただけます。
たまねぎ、三つ葉、玉子と奏でる定番の美味しさ。
しかし、このボリュームで680円とは・・・ホント、頭の下がる思いです。

金井ホルモン(金井亭) [食べログ]



b0011185_1965385.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2011-08-05 19:47 | 食してナンボ


<< カフェワゴンのある風景 茶の間のミンチ定食 >>