霧のころぼっくるひゅって

b0011185_17215331.jpg
鉄ネタは"とりあえず"このくらいにしておいて、御射鹿池の続きを。
もう梅雨明けでいんじゃね?ってくらいの暑い関東を逃げ出し、清涼な信州の高原へ。
その名の通り、一面霧に覆われた霧が峰のころぼっくるひゅってでモーニング珈琲をいただきます。
一年前はテラス席で、どこまでも広がる緑の眺望を楽しみましたが、今回は喫茶室でまったりと。
髪もしっとり濡れる濃霧の中、ぼんやり浮かぶのは朱色のレンゲツツジと白いコバイケイソウ。
もはや涼しさを通り越し、肌寒い霧が峰・・・
温かなサイフォン珈琲がうれしい、ころぼっくるひゅってなのでした。



b0011185_17223934.jpg
b0011185_17235757.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2011-07-08 18:07 | ベツバラ


<< 東信州 中山道巡り 機関車の街・高崎 まちなかスタ... >>