群馬生まれのトマト 「甘しずく」

b0011185_17262118.jpg
今回のランチ、サラダに使ったトマトがこちら。
我が藤岡のとまとやさんのものを奥多野の店長から分けていただいたものです。

「甘しずく」は、2008年に品種登録された群馬生まれのトマト界のニューフェイス。
その特長は・・・

 1.既存品種と比較して糖度が2度程度高い。
 2.適度な酸味があり、糖と酸のバランスがよい。
 3.果皮色は濃赤、果形はやや腰高、果肉は硬く、果実重は80g程度である。
 4.普通栽培で、水切り栽培トマト並の高糖度なトマト生産が可能である。
 5.12月~6月収穫の作型に適している。
 (群馬県HPより転載)

実際にいただいてみると、上記1~3はまさにその通り。
甘いだけでなく、太陽の味もしっかり味わえる真っ赤なトマト。
イチオシは、冷たい水でキーンと冷やしものを丸ごとガブリ!
あー、また食べたくなってきた。^^
[PR]
by sanzokuame | 2011-06-28 17:37 | 食してナンボ


<< CAFE ROSSYのともし火ナイト Ristorante O... >>