凍てつく信州一人旅 最終章 ついでにTETEであんぱん2つ

b0011185_1652853.jpg
佐久近辺は魅惑のベーカリー密集地域。
やはり1店だけでは帰れませんでした。^^
佐久ICにほど近いBAKERY TETEにも寄り道。
昨年12月にもお邪魔していますが、今回いただいたのは2種類のあんぱん。

「抹茶と黒豆のクリームあんぱん」
 抹茶香る生地に包まれるのは、黒豆、あんこ、そしてカスタードクリーム。
 意外と思えるカスタードとの相性もよく、ちょっと他所にはない"ネオあんぱん"といった感じ。

「黒ごまあんぱん」
 たっぷりの胡麻がトッピングされたその中身も、真っ黒な胡麻あん。
 外から中から、胡麻の濃厚な風味を堪能できる逸品です。

揚げ物もそうですが、あんぱんの写真も割ってナンボ。
決して包丁など使わず、無造作に手でパカっ!がコツです。

毎度帰るなり、テーブルの上でバカ熱心に撮影している姿に嫁も子供も「またやってら」の呆れ顔ですけど・・・
[PR]
by sanzokuame | 2011-01-23 18:17 | 食してナンボ


<< 菓庵 水戸屋の「おふくろ」 凍てつく信州一人旅 其の三 わ... >>