上田~松本(またかよっ!)紀行

b0011185_2349225.jpgb0011185_23493748.jpgb0011185_23493079.jpg
b0011185_23494675.jpgb0011185_23495729.jpgb0011185_2350568.jpg
b0011185_23501228.jpgb0011185_23502027.jpgb0011185_2350372.jpg
上田城六花文福昇亭の五目焼きそば
伊原漆器専門店ちきりや工芸店カエル大明神
シエナ松本公演マサムラのシュークリーム大雪渓

12.19 ザスパが長崎で天皇杯準々決勝を迎えた日、前週のFCアンテロープ戦に続き再び松本詣で。
目的はザスパ同様、私が愛して止まないシエナ・ウインド・オーケストラの松本公演。
こっちは年に数回しか観れないし、長崎行きはさすがに・・・。
(でも、ジャスコ東松本店の家電売り場でしっかり観戦したかんね^^!)

往路はちょっと遠回りになるけど、お目当ての昼食の為に上田菅平ICで下りることに。
信州と言えば「そば」。上田にも”富士山盛り”の刀屋など名店がいくつかありますが、
今日はちょっとひねって隠れた上田名物を。それは・・・「五目焼きそば」。
ここ福昇亭はその元祖とも言えるお店らしく、殆どのお客さんはこれをオーダー。
というか、暖簾をくぐった途端に「大盛りひとつね!」のそれだけ。それくらいの定番のようです。
蒸した麺を油で揚げるように焼いた上に、塩味の野菜炒めの「あん」がかかっています。
そして、一緒に出てきたのは餃子の醤油皿にしては小さすぎる小皿。
「はて?焼きそばだけなんに何に使うん?」と思っていたらお店のお母さんが、
「判ります?このカラシを酢で溶いてかけて食べてくださいね。」
うーん、食文化とは本当ご当地でないと判らないものが多いです。
朝飯抜きの私は危うくそのままガッつくとこでした^^。
ここは「郷に入ってはヒロミGO!(ちがーう)」で周りのお客さんを見様見真似でトライ。
おー、なるほど!って感じで辛味と酸味と塩っ気がバッツグーン!です。
焼きそばなのにどこか上品ささえ感じるこの逸品、オススメですよ!

お腹を満たしたその後は塩田平~平井寺トンネル~三才山トンネルを経由して松本へ。
なまこ壁の土蔵が並び、城下町の風情を色濃く残す中町を散策、
女鳥羽川を隔てた縄手通りのカエル大明神は無理矢理サンタに仕立てられてました^^。
そしていよいよシエナの待つ松本文化会館へ。
やっぱりアルメニアン・ダンス(全曲)は最高、鳥肌モンでした。
おまけに伝説の課題曲:ディスコ・キッド(←音量注意!)も演ってくれました!
フルオーケストラとは違い、敷居も低く、全てがアットホームなシエナの演奏会。
クラシックはちょっと・・・という方も一度足を運べば「耳」からウロコですよ。

さて、お決まりのおみやげ探しですが、演奏会の差し入れに届けられ、佐渡さんが絶賛(宣伝とも言う)していた
「マサムラのシュークリーム」にしました。
このお店、松本で最初に開いた洋菓子店でもあるそうで、歴史と風格を感じる店構えです。
敢えてバニラビーンズを使わないカスタードと生クリームだけの昔ながらの味わい、いくつでも食べられそうです。

ついでのみやげは銘酒「大雪渓」。(やっぱり胃カメラ飲んだほうがいいかな・・・)
白馬岳を描いたラベルの格好良さは全国ナンバー1だと私は思ってます。
もちろん安曇野の名水で作られたその味も最高です。
[PR]
by sanzokuame | 2004-12-21 11:50 | 彼方此方にて


<< 柚子 お疲れさま。 >>