オヤジの休日 in 晩秋の甲州・信州 ~ 萬来で長谷川恒男に出会う ~

b0011185_2001184.jpg
「私のやっている行為は全宇宙から見たら、まったくゴミでしかない。しかし、私にとってみると、大きな大きな生命の証しなのだ。人間の一生は短い。その中で。たったひとつの生命が、自分自身の心の中で永久に生きていられる表現方法が、私の場合は登山だと思う。」  長谷川恒男 『北壁に舞う:生きぬくことが冒険だ』 (集英社,1979年) より
長谷川 恒男 (はせがわ つねお、1947年(昭和22)12月8日 - 1991年(平成3)10月10日) : 神奈川県愛甲郡愛川町半原出身。日本の登山家。日本アルパインガイド協会専務理事を務めた。ウータンクラブ主催。ヨーロッパアルプスの3大北壁の冬期単独初登攀の成功は世界初。1991年、ウルタルⅡ峰で雪崩に巻き込まれ星野清隆と共に遭難。享年43歳。

奈良井宿を歩き終えると、陽はすっかりアルプスの向こう側。
楽しかったオヤジの休日もそろそろ最終章へと向かいます。

さて、夕飯。^^

決めた帰還ルートは、松本から三才山をくぐり佐久へ至る道。
であれば、やはり食事処が数多く揃う松本市内で。
「どこで何食べましょ?」と、3人の脳内データベースをフル検索します。

おきな堂でバンカラカツカレー?
河昌で山賊焼き?
デリーでカレー?

うーん、どれも名店だけど、できれば新規開拓で松本らしいお店・・・
脳内データベースは諦め、モバイル検索で引っかかったのは、山賊焼きもメニューに並ぶ居酒屋「萬来」。
かの登山家・長谷川恒男も行きつけだった山ヤ御用達の居酒屋でもあります。
駅前の繁華街、とんかつとカレーの名店「たくま」も近い萬来は昭和後期までは旅館を営んでいたそうです。
店内に飾られるのは、長谷川氏が開店祝いに自ら担いで来たというグランドジョラス北壁の写真パネル。
雑誌では"その"写真を見たことがありましたが、「そうか、ここだったんだ!」と、ちょっと感激。
山好きであれば、一度は訪ねたいお店のひとつかも知れません。
座敷に上がり、まずは「大雪渓」の生酒で乾杯。
肴に選んだのは、馬刺しの盛り合わせに山賊焼き♪
どこまでも信州松本イズムで杯を重ねた岳都の夜なのでした。
最後は霊泉寺温泉で一日の疲れを癒し、上州へ。

「This is オヤジの休日」 無事ここに完結。

>かわせみさん 
朝から酒飲み二人を乗せての500km弱の運転、誠にありがとうございました。
ぜひまたお願いします。^^



b0011185_21122845.jpg
b0011185_2112392.jpg
b0011185_21125768.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-11-23 21:56 | 呑まれてナンボ


<< 鳥居とホワイトタイガー オヤジの休日 in 晩秋の甲州... >>