下仁田へ行ってんべー祭

b0011185_34468.jpg
富岡の動楽市が行われた同じ日、隣の下仁田町で行われていたのが、下仁田へ行ってんべー祭
このイベントは、町の活性化を図るきっかけづくりとして「下仁田町まちづくり委員会」が企画、実施したものです。
下仁田駅周辺を会場として行われたのは、

●下仁田駅前赤レンガ倉庫
 ・ミニコンサート「'60年代ポップスが下仁田で甦る」
 ・写真展「写真で見るレトロ・モダンな下仁田」
 ・秘蔵資料展示「ファンタジー号と銀河鉄道999号」
●こんにゃく手作り体験道場
 ・しもにたC級グルメ「昔から伝わる家庭団欒の味」
       ↑正しくは○の中に平仮名の「し」
●諏訪神社前駐車場
 ・手しごと市場「手作り・手仕事だから癒される」

上信電鉄の終着、下仁田駅で待ち合わせたのは、田能久さん。
田能久さんと一緒に下仁田のイベントを見学し、再び富岡の動楽市に戻るという段取りです。
ちょうど昼時、駅からレトロな街並みを歩き、まず向かったのはC級グルメのいただける会場。
(あれほど朝食食べたのに・・・)
駅でもらった祭りのパンフレットに書いてあったのは、下仁田ならではの「すき焼き丼」。
悩む余地なくコレしかないでしょうと、早足で会場へと向かいます。
・・・が、会場のどこを見渡しても「すき焼き丼」を見つけられず。
割ぽう着姿のおかあちゃんに聞くと、「もう売り切れちゃったんよ。もう一回作るけど、あと一時間くらいかな」って。
ありゃ、残念・・・
そんな落胆ぶりを見てか、おかあちゃんがくれたのは、ひとつの味噌おやき。
味噌と刻みネギの入った小麦粉を練って焼いた群馬の郷土食、これまた旨いんだよね。
「おかあちゃん、あんがとね」と、田能久さんと味噌おやきをかじりながら、次に「手しごと市場」へと歩きます。
諏訪神社前の会場は、富岡に比べて、ゆる~く、ほんわかした雰囲気。
木工や草木染などの並ぶこのクラフト市には、月夜野閑話のミズゾウさんも出店されていました。
久しぶりに再会したミズゾウさんに田能久さんを紹介し、しばし談笑。
しかし、味噌おやきパワーはあっという間に底を尽き・・・^^
あと一時間の「すき焼き丼」はこの際あきらめ、かつ丼の名店「きよしや」へと田能久さんを案内します。
この「下仁田へ行ってんべー祭」もあってか、13時過ぎなのに店内は完全なる満席。
老夫婦だけで切り盛りする人気店、ここはのんびりと待つことが肝要です。
15分ほど待ち、田能久さんかつ丼、私はかつとライスがセットになったラーメン定食を注文。
ようやくありつけた下仁田の定番は相変わらずの美味しさとボリュームなのでした。
腹ごなしに町をもうひと回りしたら、田能久さんの車で再び富岡へ。
既に日も暮れかかったおかって市場でしたが、多くの人で昼と変わぬ賑わいを見せていました。
最後にまたホットコーヒーをいただき、本日のイベント行脚はこれにて終了。
西のふたつの町で、それぞれに趣向を凝らした町おこし。
ぜひとも"楽しく美味しく"続けていっていただきたいものです。
[PR]
by sanzokuame | 2010-11-17 12:50 | 彼方此方にて


<< 佐野のローカルデザート 「カンロ」 上信電鉄の車窓から >>