長瀞駅でパレオエクスプレスを待つ

b0011185_20385751.jpg
「都心から一番近い蒸気機関車」と銘打ち走るのは、秩父鉄道のパレオエクスプレス
先日の秩父散策の際には、あと5分というところで惜しくも撮り逃がしたので改めて長瀞駅まで。
かつては全国で活躍した客貨万能の名機C58(シゴハチ)ですが、今なお現役で活躍しているのは、この「C58363」のみ。
錦秋に染まりゆく山河の中、勇ましく煙吐いて走るその姿は、見る人の心を捉えて離しません。
それにしても、D51498にC58363。
近場で2両ものSLを毎週見られるのは相当幸せなことなのかも知れません。
そうそう、来春には伊勢崎華蔵寺公園にあったC6120もいよいよ高崎・上越線に復活。
来年は、ますます鉄分濃い目の一年になりそうです。^^



b0011185_20393932.jpg
b0011185_20395293.jpg
b0011185_20404276.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-10-24 20:49 | プルーンとレバーの為せる業


<< CAFE ROSSY の手焼き... 特急草津号50周年記念号 >>