特急草津号50周年記念号

b0011185_9512357.jpg
新町-神保原

吾妻線沿線の温泉地へ向けた観光列車である「草津号」は、SLけん引による準急電車として、上野駅~長野原駅(現長野原草津口駅)間の運転を1960(昭和35)年4月29日に運転を開始しました。多くのお客さまにご利用いただき「草津号」は今年で50周年を迎えました!50周年の感謝を込めて、この秋「草津号50周年感謝キャンペーン」を開催いたします。 (JR東日本高崎支社 2010AUTUMN 秋のおでかけNEWSより)

10月と11月の週末を中心に、新宿~長野原草津口を走るのは、特急草津号50周年記念号。
185系車両の1編成を、従来のホワイトカラーから運転開始当時の「湘南色」に再塗色し運転しています。
グリーン車の窓の下部には、旧国鉄時代同様に黄緑色のラインも再現。
うーん、ここまでやるか・・・
もはや185系とは思えないほどのお色直しにあっぱれです。^^
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-24 10:22 | プルーンとレバーの為せる業


<< 長瀞駅でパレオエクスプレスを待つ 手打ちそば 大村支店(富岡)の... >>