赤い星釜の安中貨物

b0011185_2017597.jpg
神保原-新町

福島臨海鉄道・宮下駅と信越本線・安中駅間を一日一往復する亜鉛鉱石専用貨物、通称「安中貨物」。
秋の青空に、星の流れる赤いボディーがよく映えます。

しかし、今年6月から北斗星、カシオペアを筆頭に始まったのがEF81からEF510への機関車置き換え。
安中貨物も、やがてブルーの新型機にとって代わる日が来ることでしょう。
このEF81率いる編成を見られるのも今のうちかも知れません。

昨今の高崎線沿線、夕方にカメラを構えている鉄っちゃんの目的は凡そコイツですよ。^^
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-01 23:09 | プルーンとレバーの為せる業


<< Photoback LiBRA... 士道庵のきのこと卵のつけ汁蕎麦 >>