士道庵のきのこと卵のつけ汁蕎麦

b0011185_17515630.jpg
富岡の士道庵さんで始まった秋の季節限定メニュー。
つけ汁に入るのは、群馬県産の旬のきのこと地元富岡で放し飼いされる鶏から産まれた赤卵。
ふんわりとじられた卵が、滋味豊かな4種類のきのこをやさしく包み込んでいます。
会津産のキリっとした喉越しの蕎麦をつけ汁にドブンとくぐらせ、ズババっと。

うーん、これぞ秋♪
きのこの旨味も加味され、より一層深い味わいの出汁に仕上がっています。

ひと雨ごとに深まる秋。
こんな身も心もほっと温まるお蕎麦が恋しくなる秋でもあります。
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-01 17:58 | 食してナンボ


<< 赤い星釜の安中貨物 萩の季節 >>