ああ越中でテツ三昧

b0011185_14405119.jpg
富山地方鉄道 寺田駅 10030系(元京阪3000系)

おわらのついでか?ついでがおわらか?
それはさておき、遠出の楽しみのひとつはその地方でしか見られない列車に出会うことです。



夜明けの北陸道を親不知ICで降り、車を停めたのは新潟・富山県境の市振-越中宮崎。
日本海を間近にJR北陸本線を俯瞰できる高台から早朝の列車を狙います。
b0011185_14412273.jpg
583系急行きたぐに

b0011185_14414943.jpg
トワイライトエクスプレス (肉眼で見るのはこれが初めて)

b0011185_1442935.jpg
681系特急はくたか


次に向かったのは、北アルプスに源を発する清流、早月川が日本海に注ぐポイント。
早月川鉄橋の上ではJR北陸本線と富山地方鉄道が並走し、様々な車両を見ることができます。
b0011185_14423660.jpg
富山地方鉄道 10030系(元京阪3000系) 越中中村-西魚津

b0011185_1442524.jpg
JR北陸本線 475系 東滑川-魚津(全身真っ青な姿は、まるでBlue Man・・・)


そして、前々から一度訪ねてみたかったのは、富山地方鉄道・寺田駅。
ここは立山黒部アルペンルートへ向かう立山線と、宇奈月温泉へと向かう本線の分岐駅でもあります。
70余年の歴史を重ねる木造駅舎、ハの字形にレイアウトされたホーム、スイッチバックの列車交換。
そして、ふいにやって来たのは、かつてのレッドアロー号だったりして。
その全てが興味深く、気づけば行き交う列車を一時間以上も眺めていました。
尽きることのないテツの道、うーん実に深いです。
b0011185_14434245.jpg
b0011185_14435529.jpg

b0011185_14441559.jpg
16010系アルペン特急(元西武レッドアロー)、10030系(元京阪3000系)

b0011185_14443463.jpg
16010系アルペン特急(元西武レッドアロー)

b0011185_14445632.jpg
14760系

[PR]
by sanzokuame | 2010-09-08 16:59 | プルーンとレバーの為せる業


<< まる甚の海鮮丼 風に誘われ、風の盆 >>