若林堂本店のコロ焼まんじゅう

b0011185_162977.jpg
上州名物、焼きまんじゅう。
言わずと知れた群馬のソウルフードですが、少々難があるのも事実です。
それは、食べる際にどうしても口の周りに味噌ダレがついてしまうということ。
上州の男衆にとっては「わっきゃねーよ」ですが、女性にとっては決してスマートに食べられるものではないでしょう。

女性や子どもにも手軽に焼きまんじゅうを味わってもらいたい。

そんな発想で生まれたのが、榛東村のふるさと公園で売られる「コロ焼まんじゅう」(1串60円、あん入り100円)。
姿かたちはそのままに、串団子の大きさにサイズダウンしてあります。
さっそく実食してみると・・・本来のフワフワした生地とは違い、しっとりモチモチとした食感。
小さいながらも満足感を得られる焼きまんじゅうに仕上がっています。
焦げた味噌ダレも香ばしく、二本、三本とあとを引く焼きまんじゅう。
ついつい大人買いしたくなるのは必然かも知れません。^^
スナック感覚で食べることのできる進化系焼きまんじゅう、ぜひおためしを。

若林堂本店



b0011185_164818.jpg
b0011185_165790.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-08-22 15:52 | ●●●●-


<< 真夏のメーテル 山門とホワイトタイガー >>