25年目の夏

b0011185_1833835.jpg
あの暑い夏の日から四半世紀。
子は親になり、親には孫ができ。
ひと世代という名の時間が過ぎ去ろうとしています。
奥多野の山々を源とする神流川の流れを見る度に甦る悲しみの記憶。
520の御霊への追悼と、空の安全を願わずにいられない特別な夜です。

関連記事:あれから20年・・・
[PR]
by sanzokuame | 2010-08-12 18:09 | 彼方此方にて


<< 5度目の火とぼし 第36回高崎まつり 大花火大会 >>