haluta KARUIZAWA

b0011185_20382081.jpg
上田、長野で名を馳せるhaluta。
3店舗目に選んだ場所は、中軽井沢駅前、旧18号沿い。
グレーの外壁、北国街道に溶け込んだ店舗は、江戸の昔に建てられた家屋を改装したもの。
店内で目を見張るのは、150年前の梁に支えられた高い天井。
オープンでモノトーンな空間は、北欧農家の納屋をイメージさせます。
ハルタ(haluta)は、フィンランド語で“希望”や“願い”という意味。
「生活の一部となれる体に優しく、素直においしいパン」
ガラスケースには、そんなhalutaのパンがどこか誇らしげに並んでいました。
この日いただいたのは、信州地粉を使ったバゲットシナノ。
完成までの試行錯誤は実に三年。
ほんのりと、どこか懐かしい甘みが口いっぱいに広がる一本でした。
朝7時のオープン、店内にはカフェスペースも。
この夏、ぜひまた足を運びたい、とっておきの一軒です。

haluta



b0011185_20383518.jpg
b0011185_20384429.jpg
b0011185_20385677.jpg
b0011185_2039756.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-08-05 21:08 | 食してナンボ


<< だって逆転勝利なんだもん スタバでクールダウン >>