泰山堂cafeのヌガーグラッセ

b0011185_1892952.jpg
ロケーション、窓辺の景色、BGM、照明、香り、椅子の座り心地、器、マスターの人柄、豆へのこだわり・・・
カフェを選ぶ要素はいくつもありますが、そのひとつとして魅力を感じるのが、オリジナルのメニュー。
世界中でここでしか味わえない逸品、そんな一品があれば多少遠くとも足を運びたくなります。
秩父の中でも貴重な古い街並みが残る、黒門通り。
秩父銘仙の旧商家を利用した泰山堂cafeでイチオシなのが、このヌガーグラッセ。
メレンゲ、生クリームにナッツとドライフルーツを混ぜて作った冷たいデザート。
過去に経験したことのない、何とも不思議な食感は、まさに唯一無二。
リヨンで一年修行したというオーナーが作る本格派スイーツでもあります。
静かに流れるジャズ、薫り高い濃いめの珈琲、そして窓辺には昭和の街並み。
このカフェには、人を惹きつける要素がいくつも揃っています。

泰山堂cafe



b0011185_1191227.jpg
b0011185_1193447.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-07-13 18:29 | ベツバラ


<< D51の夏 秩父 夏歩き >>