展望の安曇野

b0011185_18301011.jpg
大糸線を追いかけながら、白馬から松本へと安曇野を南下。
右の車窓に広がるのは、北アルプスの一大パノラマ。
気ままな一人旅、眺めの良いところを見つければ、車を停め、カメラを構えます。

信濃森上駅近く、松川橋下流の河原に下りれば、清流の上に白馬の山々が広がります。
五竜岳の武田菱もくっきりと、ツバメも気持ち良く空を滑る五月晴れ。
トランクからチェアを出したら、コーヒーを淹れてのんびりと贅沢な時間を過ごします。

夕景を狙ったのは、豊科の光城山
安曇野を挟んで北アルプスの反対側に位置するこの山は、まさに北アルプスの展望台。
キラキラ光る水田の上、蝶ヶ岳から白馬三山まで、名峰の数々を指呼することができます。
サプライズだったのは、常念岳と横通岳の鞍部にチョコンと頭を出した槍の穂先。
大した下調べもなく登った光城山に、思いがけないプレゼントをもらい、安曇野を後にしました。



b0011185_18303142.jpg
b0011185_18305934.jpg
b0011185_18311421.jpg
b0011185_18312926.jpg
b0011185_18313743.jpg
b0011185_18314423.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-05-20 19:25 | 彼方此方にて


<< 1分ナンテ待たせるもんですか! グリンデルの自家製ベーコンステーキ >>