第10回群馬の森クラフトフェア

b0011185_14145833.jpg
先週末行われたのは、もはや晩春の風物詩ともなった群馬の森クラフトフェア
昨年は足元の悪い中での開催となりましたが、今年はポカポカ陽気のお祭り日和。
末の娘と二人、散歩がてらにレッツラゴーです。
去年よりも広いエリアに並ぶ180ものテントをゆったりと見て回り、
娘が購入したのは、ガラスと革でできたブレスレット。
子供の手首に合わせ長さを詰めてもらい、さぞ満足げな様子でした。
片や、お父ちゃんの物欲をそそったのは、行田に工房を構えるという金属造形の作家さん。
棚に並ぶのは、銅のレードルや片手鍋、錫の片口にぐい飲みなどなど。
銅のマグカップ(写真の展示だけでしたが)などは、そのフォルム、手作り感、温かみが
まさに一目惚れの一品でした。
ちょいとお値段が張るので手が出ませんでしたが・・・
近いうちに行田まで行っちゃいそうな気がしてなりません。
[PR]
by sanzokuame | 2010-04-29 14:41 | 彼方此方にて


<< さよなら歌舞伎座 こまつやのうぐいす餅 >>