都電荒川線とアスカルゴ

b0011185_22314127.jpg
田端駅で降り、尾久車両センターをぐるっと回り、尾久駅へ。
そのままJRに乗って帰るのも物足りないので、都電・荒川車庫まで。
新幹線の車窓から王子駅前を走るその姿は毎日のように見ていますが、実際に乗るのはこれが初めて。
運賃どころか、前から乗るのか後ろから乗るのかも知らない全くの初心者です。
まずは、荒川車庫前の営業所に寄って、パンフレットをもらって予習。^^
ふむふむ、運賃はどこまで乗っても大人160円(小児80円)、SuicaもPASMOも使えます。
荒川車庫前駅の案内板で「前乗り」を確認したら、さっそく早稲田行きに乗り込みます。
バスのように小さな車両は住宅街を抜け、王子駅でカーブを描き、飛鳥山へ。
車道と共用の軌道、信号待ちで車に囲まれているのは何とも不思議な感じがします。

飛鳥山で都電と別れ、もひとつ鉄ネタにと乗ったのは、あすかパークレール・アスカルゴ。
王子駅前から飛鳥山山頂までの高低差18m、レール延長48mを2分で結ぶモノレールです。
のんびりと飛鳥山を登るその姿は、まさにかたつむり。
料金無料の何とも可愛らしいバリアフリー施設です。

都電荒川線 (東京都交通局ホームページ)
北区の新名所「飛鳥山モノレール」の愛称決定!! 施設名「あすかパークレール」、車両名「アスカルゴ」に (東京都北区ホームページ)



b0011185_2232218.jpg
b0011185_22321499.jpg
b0011185_22322788.jpg
b0011185_22323892.jpg
b0011185_22325071.jpg
b0011185_2233039.jpg
b0011185_22331192.jpg
b0011185_22332350.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-03-09 22:39 | プルーンとレバーの為せる業


<< 弥生の雪と八高線 眠る夜汽車 >>