える姐さんちで蕎麦酒会

b0011185_0285912.jpg
日曜の午後。
かわせみ号に乗せていただき、える姐さんちで行われた蕎麦打ち講習会&蕎麦酒会へ。
正確に言うと、二人が到着したのは、ちょうど蕎麦打ちが終わろうとしているところ。
作るより食べるほうに重きを置いたオヤジ二人組の参上です。^^;
日頃蕎麦打ちを嗜んでいる、える姐さんご夫婦が本日の先生。
最後のひと打ちだけ見ることができましたが、蕎麦粉に水とつなぎを回して、捏ねて、伸して、切って。
一式揃った道具もさることながら、その流れるような作業は、まさに玄人はだしでした。
生徒となったのは、すいかママさん、つぶさん、そしてhiroさん。(yukiさんは見てただけだよね?^^)
皆さんの打った蕎麦が茹で上がったら、いよいよ宴の始まり。
まずは持ち寄った日本酒でのどを湿らせ、小分けに盛った蕎麦に好みの薬味を乗せてずずずっ!と。
うーん、爽やか爽やか♪
見事なコシ、ふわっと口に広がる蕎麦の香りと旨味は、とても家庭で作るレベルではありません。
わんこ蕎麦さながら、いくらでもいけそうな美味しさです。
もちろん、お酒のあては蕎麦だけではなく。
える家お坊ちゃまお手製の伊達巻き、明太子をまぶしたきんぴらごぼう、厚揚げの煮物などなど。
卓上に並んだおばんざいの数々は、まるで京都先斗町あたりの「割烹える」と言ったところです。
宴たけなわのところで、仕事を終えて駆けつけてくれたかおさんも参上。
日本酒を飲んではそばを手繰り、おばんざいをつつきながら、また一杯。
皆んなが持ち寄ったトマトやチーズケーキ、クッキーもつまみながらの楽しい一夜。
最後の〆には、これまたえる姐さん特製の絶品蕎麦だんごまで!
もてなし上手な、える姐さんちに感謝感激雨アラレなのでした。
さーて、次は花見で一杯ですかねー♪^^



b0011185_029128.jpg
b0011185_029443.jpg
b0011185_0292387.jpg
b0011185_0293359.jpg
 
b0011185_0295356.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-03-03 17:52 | 食してナンボ


<< 窓辺のヒヨドリ ヒッチコックな牛伏山 >>