夕暮れの高崎機関区

b0011185_2383244.jpg
寒風吹きすさぶ土曜の夕方。
高崎機関区でひとり撮影会。
このかたも、このかたも取材済みのテツの聖地です。

寒さも時間も忘れ、テツな風景をパチリパチリ。
いくつもの車両はもちろん、そこで働く人々、そこで暮らす人々も、全てが絵になる場所です。

ただ、ひとつ気になるのは、昨年一月に引退したEF55がずっと屋外に留置されていること。
余生は鉄博入りと聞いていますが、それはいつのことなんでしょうか?
それまでの間も雨ざらしではなく、車庫で大事にしておいて欲しいなぁ。



b0011185_239718.jpg
b0011185_2392047.jpg
b0011185_2394440.jpg
b0011185_2395568.jpg
b0011185_2310716.jpg
b0011185_23102146.jpg
b0011185_23105834.jpg
b0011185_2311101.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-02-24 00:39 | プルーンとレバーの為せる業


<< ぱん卓パン図鑑 第4回新町ひなまつり >>