雪の信州ひとり旅 其の六 日本三大車窓とスイッチバック

b0011185_23323219.jpg
そして、JR篠ノ井線の姨捨駅へ。
山懐の無人駅ですが、眼前に広がる善光寺平の絶景と、スイッチバック式の構造で人気の高い駅のひとつです。
ホームから望むのは、田毎の月で有名な棚田を前景に、滔々と流れをくねらせる千曲川。
川中島の古戦場はあの辺りかと、上げた視線の先には長野市街が雪に煙ります。
ローカルながらも意外に忙しい篠ノ井線のダイヤ。
小一時間ほどの間には、スイッチバックで発着する普通列車が3本に、待ち合わせのブルーサンダー。
雪煙をあげながら本線を通過していくワイドビューしなのも上下2本。
決して飽きることのなかった姨捨駅にも関わらず、スイッチバックついでに隣の桑ノ原信号場まで。
姨捨駅への勾配を一気に上るEF64の重連を遠景に収め、最後の目的地へと踝を返します。



b0011185_23324367.jpg
b0011185_23325171.jpg
b0011185_23325948.jpg
b0011185_2333850.jpg
b0011185_23331623.jpg
b0011185_2333254.jpg
b0011185_23333361.jpg
b0011185_23334477.jpg
b0011185_23335297.jpg
b0011185_2334134.jpg
b0011185_23341284.jpg
b0011185_23342017.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-02-19 12:57 | プルーンとレバーの為せる業


<< 雪の信州ひとり旅 其の七 北国... 雪の信州ひとり旅 其の五 大黒... >>