雪の信州ひとり旅 其の五 大黒食堂のニンタレカツライス

b0011185_23135886.jpg
海野宿からさらにさらに西へ。
最寄の上田市内にも美味しいお店はたくさんありますが、今回はバイパスでスルーします。
千曲川に沿ってR18を走り、たどり着いたのは信州随一の歓楽街、戸倉上山田温泉。
友人が信大繊維学部にいた頃には何度も訪ねた温泉ですが、実に20年ぶりの訪問になります。
あまりの懐かしさに、飲み屋の建ち並ぶ路地を車に乗ったままひと回り。
やっぱここは夜来るところだな。^^

そんな戸倉上山田で、以前から一度訪ねてみたいと思っていたのがこちらの大黒食堂さん。
七度にも渡って旨げな画像をこれでもか!と紹介するデブログのこやさん に洗脳されたと言っても過言ではありません。
温泉街の一角に佇む大黒食堂、デブログさんで見慣れた店構えですので臆することなく暖簾をくぐります。
4人掛けのテーブルが3つと、決して広くない店内、昼時は相席が基本という人気ぶりだそうです。
既に13時を回っていたので、空いていたひとつのテーブルを独占してほっとひと息。
さてさてと、注文したのは、もちろん名物のニンタレカツライス。
ニンニクとニラを漬け込んだ特製の醤油ダレをかけていただく、オリジナルのトンカツです。
壁のメニューには「しょっぱいです。まずは少しかけて」と注意書き。
初心者ですので、その通りに控えめにかけて、まずはひと口。

・・・!!!

もちろんスタミナあふれる香りですが、それは食欲をかき立てる素敵な香りでもあります。
なかなかボリュームのあるとんかつですが、箸は進み、最後までさっぱりといただくことができました。
この特製ダレ、焼肉や鍋料理、冷奴などにも応用が利きそうですのでぜひとも自作してみたいです。

食後、客は私一人だけになったので、ご主人とちょっとお話。

わたし:「群馬からデブログさんを見て来たんですよ」
ご主人:「あ、そう。デブログさんはうちの広報担当だからね(笑) お兄さんもブログやってるの?」
わたし:「はい、一応。サンゾクアメって名前でやってます」
ご主人:「え?三束雨さん!? デブログさん経由でブログ見たことありますよ!」
わたし:「(うへ!?) あ、ありがとうございます・・・」

うーん、世の中、本当に狭いものです・・・^^;
うれしいやら恥ずかしいやらで顔が赤くなりましたが、デブログさんのおかげでまたひとつ素敵な出会いができました。

「では、また来ます!」と、気持ちよく店を出たあとは、本日の最たる目的のため、ここから山道に車を進めます。
行き先は・・・わかる人にはわかっちゃうだろうなぁ。

大黒食堂
長野県千曲市上山田温泉2-24-1
℡:026-275-0768
営:11:30-17:00
休:不定



b0011185_2314304.jpg
b0011185_2315188.jpg
b0011185_23151317.jpg
b0011185_23152722.jpg
b0011185_23155133.jpg
b0011185_23155994.jpg
b0011185_2316752.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2010-02-18 15:48 | 食してナンボ


<< 雪の信州ひとり旅 其の六 日本... 雪の信州ひとり旅 其の四 海野宿の猫 >>