遅れ能登


2008年8月2009年3月2009年6月その12009年6月その2と、過去に四度も紹介してきた急行「能登」。
JR唯一のボンネット列車として鉄道ファンに親しまれてきましたが・・・
ついに利用者の減少、車輌の老朽化を理由に今年3月12日を最後に廃止されることが決定されました。
「能登」ファンとしては「ついにきたか・・・」と思う、何とも寂しい知らせです。
そんな「能登」、毎日上州路を通過してはいますが、何せ夜行ですのでなかなかその姿を見ることができません。
深夜か早朝にこちらから見に行かないと決して出会えないのですが、ときに神様はうれしいサプライズを用意してくれます。
今朝の新町駅。
いつものように高崎行きの普通列車を待っていると、ダイヤにはない時間に「上り列車が通過します」の構内アナウンスが。
一応テツの端くれとしては、もうそれだけでピンときました。
「“遅れ”だな。能登か北陸かそれともあけぼのか?」
この季節、雪の抑止で遅延の発生することが何度かあります。
高崎方面を見ると、近づいてくるのは三つ目のライト。
「おー、能登じゃんか!」
急いで手元のiPhoneで動画撮影。
顔と足元には雪をまとい、夜明けの新町駅を颯爽と駆け抜けていきました。
うーん、かっちょいい!!
もちろん東京に向かう新幹線では撮った動画を繰り返し見たりして。^^
廃止前にできればもう一度乗ってみたいなぁ。
[PR]
by sanzokuame | 2010-01-07 23:59 | プルーンとレバーの為せる業


<< 九重ねぼけ堂の和菓子 白衣観音慈悲の御手 >>