四谷 十三里屋の蜜がけ大学芋

b0011185_2039524.jpg
今年最後の東京土産。
25日、東京駅構内にオープンしたのは、大学芋専門店、四谷 十三里屋・東京駅店。
屋号はもちろん江戸の洒落言葉、「九里四里うまい十三里」からとったものです。
この日選んだのは、輪切りの「霧島紅甘露」と拍子切りの「安納芋」。
蜜芋とも称される安納芋は、昨今人気のさつまいもでもあります。
素朴でほっこり、その優しい味わいに感じるのは、「安心」の二文字。
下手な細工を加えず、素材そのままの美味しさを前面に出した大学芋です。

てことで、花びら餅で始まった今年のベツバラもこれで打ち止め。 (だと思う、たぶん・・・)
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-28 20:53 | ベツバラ


<< 冬の心象風景 光都東京・LIGHTOPIA ... >>