月夜野号を追いかけて

b0011185_1412548.jpg
岩本-沼田 沼田市戸鹿野町 下り

D51形498号機。
1940年、神戸・鷹取工場生まれ。
岡山を始めに平、長岡、新津など全国を転々とし、72年の八高線でのイベント列車を最後に車籍抹消。
しばらくは上越線・後閑駅前に静態保存されていましたが、88年に動態復元。
その後は、JR東日本の臨時列車やイベント列車として活躍。   していたのですが・・・
昨年12月、仙台支社での試験運転中にボイラー空焚きにより火室を破損。
修理には1年半かかると報道されるほどの重症でしたが、関係者の努力により前倒しで見事に復活。
この19日からは上越線・高崎-水上間での営業運転を再開しています。
今では国内で唯一、営業運転が可能なD51となった498号機。
間近で感じた“息づかい”、“体温”、そして畏敬の念さえ抱かせる圧倒的な存在感。
琴線に触れるとはまさにこのこと、正直、心を揺さぶられました。
そんなSLを郷土で見られるって、ものすごく幸せなことなのかも知れませんね。

SLに乗ってみよう JR東日本高崎支社



b0011185_1413943.jpg
沼田駅発車 下り
b0011185_142041.jpg
以下 水上駅旧機関区
b0011185_14231100.jpg
b0011185_142476.jpg
b0011185_1425553.jpg
b0011185_14334.jpg
b0011185_1431179.jpg
b0011185_1431975.jpg
b0011185_143276.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2009-09-22 02:07 | プルーンとレバーの為せる業


<< 霧の芳ヶ平 決して大人買いではないベビーシュー >>