アルウィンの山賊バーガー

b0011185_23443523.jpg
さて、気を取り直して食してナンボです。^^

ザスパ草津vsロアッソ熊本が行われたのは、信州まつもと空港に隣接する松本平広域公園総合球技場(通称:アルウィン)。
場内にはいくつかの飲食ブースが並んでいましたが、中でも目を引いたのがSorayaの「山賊バーガー」(¥500)なるもの。
はい、私にしてみれば共食いになりますね。^^
有機小麦の全粒粉入り特注バンズに挟まっているのが「山賊焼き」。
いわゆる鶏の竜田揚げです。(厳密には違うのかな?)
ちょうど出来立てだったのでしょうか、外はサクサク、中はジュッと肉汁が溢れるほどのジューシーさ。
特製の醤油ダレに漬け込まれた鶏肉は旨味たっぷりで文句なしに美味しゅうございました。
そもそもは松本・塩尻の名物料理「山賊焼き」からその名が来ているのですが、では、何故に山賊焼きなのか?
現在では二つの説がありまして、ひとつは塩尻市の店「山賊」を元祖とする説。
この店から山賊焼きが広まったともいわれ、こちらの説の方が有力だそうです。
もうひとつは、浅間温泉にある店「河昌」の唱える説。
それは・・・

 問. 山賊のすることといったら?
 答. 旅人からの金品や食料の強奪

 (物を)取り上げる → とりあげる → とり・あげる → 鶏揚げる ・・・・・ バンザーイ! バンザーイ!

正真正銘の駄洒落でございます。^^ 個人的にはこちらの説に一票だなぁ。

今では松本・塩尻周辺でこの山賊焼きをメニューに掲げる定食屋や飲み屋を多く見かけます。
以前いただいたことのある松本市内のとあるお店では、鶏の一枚肉を丸々揚げたものに
テンコモリの丼飯がセットになっていて・・・さすがの私でもギブアップしそうなボリュームでした。
そんな山賊焼きを手軽に味わえるのが、この山賊バーガーなのです。
アルウィンのある信州スカイパークの他、乗鞍高原の三本滝レストハウス上高地のホテル白樺荘などで味わえますが、
「もっと手軽に」と言う方は、ぜひ松本市内のセブンイレブンに寄ってみて下さい。
惣菜パンのひとつとしてこの山賊バーガーを売っているようですよ。
[PR]
by sanzokuame | 2009-09-15 00:45 | 食してナンボ


<< YUSHI CAFEのたまごのサンド 松本は空が近いなぁ >>