Le Contentement のフレッシュ・ブルーベリーのタルト

b0011185_22251859.jpg
一度聞いただけでは憶えられない、一度憶えたら忘れられない。
「コントントモン」、その店名は、仏語で「満足」を意味します。
こちらのお店の評判を知ったのは、もう3年程前になりますが、なかなか縁がなく
今回、手筒花火の前に初めて寄ることができました。
R354に程近いビルの1階、白を基調とした店舗はさながら山の手のブティックのよう。
店内にはカフェも併設され、“新鮮”なスイーツをその場でいただくことができます。
まるで宝石が並んでいるかのようなショーケースを覗きますが・・・
こういう時って、どうにも目移りして決められない私です。^^;
そんな時はお店のスタッフの方にオススメを聞いちゃうのが一番!
「男性に人気なのはこちらのチーズケーキなどですが、今なら旬のブルーベリーを使ったタルトがオススメですよ」
「はい、じゃそのブルーベリーのタルトとアイスコーヒーを♪」
地元の食材、そして季節の味を大事にするというコントントモンさん。
そのスタッフさんの口から“旬”という言葉を聞かされれば、もう即決です。^^
明るい窓辺のテーブル席に間もなく運ばれてきたのがこの一皿。
何とも涼しげにコロンコロンと飾り付けられるのは、群馬県産・有機栽培のブルーベリー。
限りなく野生に近い栽培方法とのこと、酸味の強さと爽快な香りの高さが際立ちます。
しっとりさくさくのタルト生地と口当たりまろやかなカスタードクリームもまた絶品。
さすが、スイーツ好きの間で評判になる美味しさです。
惜しむらくは・・・何せうち(藤岡)から遠いということ。^^
持ち帰り一時間以上ではあまりにケーキが可哀想過ぎます。
私にとってはイートイン専門のお店になりそうです。

Le Contentement
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-28 23:08 | ベツバラ


<< 快速 たんばらラベンダー号 田能久のチビ >>