小海線でハイブリッド車に出逢う

b0011185_2051226.jpg
佐久のついでに小海線。
太田部-龍岡城間、こんもりとした緑の森は「離山」。
浅間山の落し物か、はたまた八ヶ岳の落し物か、その成り立ちは判りませんが、
文字通り田んぼの真ん中でポツンとそこだけが小高い丘になっています。
その離山を巻くように走る高原鉄道、小海線。
浅間を根っこから遠望できるこの場所はなかなかの撮影ポイントです。
まずやって来た上り列車は、八高線で見慣れたキハ110系。
浅間、黒斑をバックに、太田部駅を出た列車は大カーブをぐるーっと。
青空と田んぼの緑に白い車体が良く映えます。

b0011185_20511713.jpg
離山を背景にする場所に移動し、下り列車を待つことに。
農道を軽トラが走り、上空ではヒバリが賑やかにさえずる長閑な時間を過ごします。
ようやく離山の陰から姿を現したのは、キハE200形のハイブリッド車。
滅多に逢えない新型車輌、こうしてじっくり構えるのはこれが初めて。
私のちょっとした興奮など知る由もなく、高性能車は静かに走り去って行きました。
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-07 21:28 | プルーンとレバーの為せる業


<< 燕尾服 YUSHI CAFE >>