しらびそ小屋の薪ストーブトースト

b0011185_2220289.jpg
北八ヶ岳・みどり池のほとりに佇む「しらびそ小屋」。
土間に置かれた大きな薪ストーブで焼くトーストは、この小屋の名物。
小屋までは東麓の登山口となる稲子湯から2時間30分ほど。
途中、森林軌道のレールの残るノスタルジックな道を歩いた者のみが味わえる「山小屋ごはん」だ。
使うのは麓の松原湖駅近く、R141沿いに建つ「高原のパンやさん」の天然酵母パン。
外はカリっと、中はフワフワのしっとり、何よりその厚さがうれしい。
バターの香ばしさは鼻をくすぐり、梅ジャムとブルーベリージャムの甘さは疲れた身体を蕩けさせる。
原生林の森に囲まれたみどり池の向こう、屏風のように聳えるのは天狗岳。
ここからは今まさに翼を広げ、大空に飛びたたんとする天狗の後ろ姿に見える。
絵に描いたよう・・・、いや、絵にも描けない絶景の中でのひと休み。
これほどに贅沢な‘カフェ’、私は他に知らない。

しらびそ小屋(長野県)
℡:0267-96-2165
営業期間:通年
宿泊料金:1泊2食付き7800円
歩行時間計:稲子湯~しらびそ小屋(行き=2時間30分、帰り=1時間30分)
アクセス:車=R141松原湖入口交差点→稲子湯30分、電車=JR小海線小海駅および松原湖駅から小海町営バスで30分、稲子湯下車
立ち寄り休憩メニュー:トースト400円、トーストセット(コーヒー付き)700円、チーズケーキセット700円など



b0011185_22205962.jpg
b0011185_22211125.jpg
b0011185_22212967.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2009-05-29 22:41 | 食してナンボ


<< 北八ツの森をしらびそ小屋へ 石墨の冷やしたぬきそば >>