上信電鉄 下仁田駅

b0011185_1858478.jpg
1895年、上野鉄道として設立。余地峠を越えて佐久鉄道(現:小海線)の羽黒下駅まで沿伸する計画を立て、
社名を上信電気鉄道に改称したが、佐久方面へのバス路線を開設しただけで(後に廃止)、鉄道の延伸は実現しなかった。
ここ下仁田駅は三方を山に囲まれ、いかにも終着駅といった雰囲気が漂っている。
ちなみに最奥に見える角のような2つの頂はその名も鹿岳(かなたけ:1015m)。
ここは西上州の山岳愛好家にとっての玄関口でもある。
  
[PR]
by sanzokuame | 2004-11-20 18:54 | プルーンとレバーの為せる業


<< 南牧ブドウ酒 ザスパクッション >>