銀河鉄道999号

b0011185_16494770.jpg
思いのほかペダルが軽く感じたので、いつもよりちょっと遠くまで。
柳瀬橋で烏川を渡ると、旧中山道に沿って岩鼻宿から倉賀野宿へ。
倉賀野神社に立ち寄った後は、一本松橋で再び烏川を渡り、山名町へと向かいます。
山名八幡宮に隣接するのは上信電鉄の山名駅。
日曜の夕暮れ、駅舎は既に無人の時間帯だったのでちょっと失礼して島式のホームまで。
信号機の赤だけがぼんやり灯る構内は、ローカル線の風情に満ち溢れていました。
しばらくすると、高崎側の踏切が点滅。
下り列車の到着のようです。
沿線地元企業の色々なラッピング車両が走る上信電鉄。
「はて、何が来るかな?」と待っていると、到着したのはブルーの2両編成。
それは昨年10月から運行が始まった999号でした。
高崎駅構内や高崎、富岡市内など踏切待ちで何度かお目にかかってはいましたが、
これほどの近距離で遭遇するのはこれが初めて。
短い停車時間、メーテルの正面までダッシュしてテツ魂炸裂です。^^
そして、プァンとひとつ警笛を鳴らし、999は夕闇迫る西上州へと。
うーん、絵になります。

上信電鉄



b0011185_16505473.jpg
b0011185_1651637.jpg
b0011185_16511471.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2009-03-10 17:32 | プルーンとレバーの為せる業


<< 士道庵にて春を食す。 啓蟄の候 >>