アジアパン

b0011185_1812390.jpg
西に榛名の相馬岳が鋭く聳える三中通りの名店・アジアパン。
2004年以来、二度目の登場です。
(回顧記事が続くのは、ネタ不足の証?^^)
大正時代、小麦粉・玉子・砂糖だけのシンプルな材料で作られたビスケットパンの製法を今に伝える玉子パンは、
表面がサクッと軽く、甘食に似た懐かしい味わいです。
お店では玉子パンやコッペパンをその場でスライスし、生クリーム、アンバタ、バタジャム、ピーナッツなどを塗ったものを購入できます。
今回いただいたのは玉子パンのアンバターサンドとピーナツサンド。
あんこ好きの私、何はなくともアンバタだけは外せません!
でもって、おばちゃん、たっぷり塗ってくれるんだぃね♪
それにしても、いつの間にかオンラインショップも始めてたんですね。
やるなぁ、アジアパン!^^

アジアパン



b0011185_18122284.jpg
b0011185_18123410.jpg
b0011185_18124475.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2009-03-07 18:36 | ベツバラ


<< 啓蟄の候 さんびきのこぶたのバター正油ハ... >>