永井商店の梅(うめえ)焼きそば

b0011185_2047562.jpg
高崎と草津を結ぶ国道406号、通称「草津街道」。
かつて「神山宿」として賑わった榛名の上里見地区には、往時を偲ばせる古い町並みが残っています。
そんな街道沿いに建つのが、昭和34年創業の永井商店。
同店では昔ながらの焼きそばやラーメンをいただくことができます。
その焼きそば、通常はソース味なのですが、この季節にだけ売り出されるのが「梅(うめえ)焼きそば」。
東日本一の梅の生産量を誇る榛名地区で、毎年この時期「梅の味どころ」と銘打ち、
同地区の飲食店・菓子店に登場する梅を使った独自メニューのひとつです。
塩味の焼きそばの上に紅しょうが代わりにトッピングされているのは刻んだカリカリ梅。
皿全体が深紅に彩られるほどたっぷりのカリカリ梅、その酸味と食感は梅好きには堪らない一品でしょう。
ひと皿たったの350円、肉入りでも400円。
お財布にも、体にも優しい「うめえ」焼きそば。
陽気なおばちゃんがこさえるこういうB級グルメ、好きだなぁ。^^

永井商店
高崎市上里見町671
℡:027-374-0612
営:9:00-18:00
休:水曜



b0011185_20473938.jpg
b0011185_2048312.jpg
b0011185_20481629.jpg
どうしても気になったので追加したのがこのラーメン(並:400円)・・・
ストレートの中細麺に、シンプルな醤油味。
シャキシャキのメンマと噛むほどにうま味の広がる豚の煮付け。
麺の量も標準の1.3倍ほどと、うれしい限り。
梅でヘルシーに・・・と思っていたのに、結局は満腹に。
・・・反省。 ^^;
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-05 21:39 | 食してナンボ


<< さんびきのこぶたのバター正油ハ... 梅香る浅草 >>