安蘇山塊で蜃気楼?

b0011185_23552450.jpg
1月13日の朝、東京へ向かう新幹線の車窓から。
まもなく本庄早稲田駅に到着する頃、ふと日光男体山の東に目をやると何とも不思議な光景が。
桐生から足利、佐野、鹿沼に跨る安蘇山塊。
そのスカイラインが上下に延びたり縮んだり、雲のようにたなびいたり!
わずか数十秒の出来事でしたが・・・恐らく蜃気楼ではないかと。
放射冷却で冷やされた関東平野に上空よりも地表近くの空気が低温になる逆転層が形成されたのでしょう。
富山湾の蜃気楼さえ見たことないのに、こんな地元でお目にかかれるとは。
何かの吉兆だといいんだけどなぁ。



b0011185_23553990.jpg
b0011185_23554830.jpg
b0011185_23555687.jpg
ついでに動画 安蘇山塊蜃気楼 2009.01.13 もUP。 (YouTube動画窓右下、“高画質で表示する”でどうぞ。)
画面左上の山に注目!
ニョキニョキと上に伸びていきます。^^
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-14 09:37 | 彼方此方にて


<< 恵比寿とか代官山とか 塀の上の猫 >>