「ほっ」と。キャンペーン

オザワ洋菓子店の苺シャンデ

b0011185_22372433.jpg
春風亭小朝氏、松たか子女史、生田斗真氏など多くの有名人にも絶賛されている本郷の名物スイーツ。
長年、一度お目にかかりたいと願っていた逸品です。

見た目は・・・そう、まるでマリオのきのこ。
何とも個性的なその形、お店のHPを引用すれば・・・
手造りサクサククッキーの上に丸ごとの苺。その上に帽子のように生クリームを載せ更に全部をチョコレートコーティングした一口サイズのデザートです。食べ方は、クリームの方から食べても、逆さにして下のクッキーから食べても自由です。パクッとお口に放り込んで召し上がれ。
そう、一瞬食べ方に迷いますが、パクッとお口に放り込むのが一番です。
甘い生クリームとサックサクのクッキー、そして驚くほどに瑞々しい苺の取り合わせはまさに芸術的。
どこにもないスイーツ、手みやげにすればきっと驚きと喜びもプレゼントできることでしょう。

それにしても・・・気になる構造、その断面を確認したくなるのが人情です。
てことで、一刀両断、よく切れる包丁でスパッ!と。
うちの子らも「おー、スゲー」と感嘆の声を上げておりました。
ぜひお試しを。^^

オザワ洋菓子店
東京都文京区本郷3-22-9
℡:03-3815-9554
休:日曜
営:9:00-19:30



  
寄りすぎ? ^^
b0011185_22385360.jpg
ちなみに‘シャンデ’の意味ですが、元々は‘シャンデリー’だったそうです。
シャンデリーとは生クリームで包み込む形態のスイーツ。
かの有名な東京會舘のマロンシャンテリーもその類ですね。
でもって、「短けぇほうが言いやしぃんで、シャンデになったんさ。名前も挨拶も短けぇほうがいいかんな。」と、ご主人。
よっ!江戸っ子だねぇ。^^
[PR]
by sanzokuame | 2008-12-12 23:52 | ベツバラ


<< またひとつ・・・ 青が散る 高崎たそがれ >>